酒天男山 お酒の通販サイト
トップページ ご注文方法・送料 ギフトについて ショップ案内 会社概要 お問い合わせ
商品検索
and or
ヤマト運輸
※酒天男山 お酒の通販サイト
注文フォーム・お問合せフォーム・会員登録フォームは、SSL128bitによる暗号化通信に対応しています。
←燗酒のすすめ!! ワイン造りに使われるブドウ→

お酒選びの目安に、ラベルの見方

お酒のラベルには、3通り有ります。
1. 表ラベル(胴貼り)2.肩ラベル(肩貼り)3.裏ラベル(裏貼り)
表示は酒税法に基づき、文字のサイズや内容が定められています。

まずは、表・肩ラベルについて
お酒の顔とも言えるラベルで、お酒の中身はさることながら蔵元の個性がはっきりと見えてくるでしょう。
商品名 この商品の名前です。多くの場合名前と一緒に特定名称酒の分類(大吟醸・純米酒・本醸造酒等)が、表示されています。
製造年月日 蔵元が、瓶詰めをした時です。
容量 清酒は基本的に一合(180ml)を基準にしています。
近年では、生活スタイルの変化から720ml・500ml・300mlの人気が上がっています。
お酒の酒類 日本酒もしくは清酒と表示されています。
アルコール度数 一般的な日本酒は、15度〜17度ですが、原酒になるとアルコール度数が高くなり18度〜19度・それ以上の商品も有ります。
また、15度以下の初心者にも飲みやすい度数のお酒も多く有ります。
原材料名 どのような原料を使って造られたのかが説明されています。

次に、裏ラベルについて
実は裏ラベルが他のラベル以上にお酒選びについて重要です。特に蔵元での“味”に関して記載されている事が多くお酒の質と味をみるには 見逃しては成りません。
(1)商品名 基本的に表ラベルと同じです。
(2)商品説明 日本酒造りのこだわりや、一番力を入れてお酒に仕上げているかなど、味の特徴を説明しています。商品を選ぶのに一番役立ちます。
(3)お召しあがり方 良質のお酒を、よりおいしく飲んでもらう為、蔵元からのアドバイスが表示されている。
(4)原料米・使用米 このお酒がどんな品種の酒造好適米から作られたかが解かります。米の品種によっても味に違いが出てきます。近年では米にこだわったお酒造りをしている蔵元が増えており、無農薬・有機米などを使っている商品が有ります。他に、五百万石・玉栄・美山錦等が有ります。
(5)精米歩合 米一粒を玄米の状態からどれ位、精米(削ったか)したかとゆう表示。特定名称酒では、造りの違いにより厳密に定められています。目安として、大吟醸50%以下・特別純米60%以下・本醸造70%以下が、標準的に精米されています。
(6)アルコール度数 基本的に表ラベルと同じです。
(7)日本酒度 日本酒の比重を表す値です。水1に対してマイナス表示は甘口、プラス表示は辛口と感じますが、舌先に合う甘辛とは必ずしも一致しません、酸度との関係が有りますので、あくまでも目安と考えて良いでしょう。
(8)酸度 お酒の中に含まれる有機酸(乳酸・コハク酸・リンゴ酸等)の量です。数値が多いと濃厚で辛口、少ないと甘口と感じます。日本酒度が同じでも酸度の数値によっては辛口に感じる場合が有ります。
(9)仕込み水 このお酒は、どんな水を使って造られたか解ります。日本酒の80%は水です。従って水の良し悪しが大きく影響します。 水は「硬水」「軟水」に別れ、日本では一般的に軟水です。硬水で仕込んだお酒は辛口で酸度の高い濃醇タイプになりやすく、軟水で仕込んだお酒は甘口で酸度の低い淡麗タイプになりやすいといわれています。
その他
アミノ酸度 日本酒に含まれるアミノ酸類の量を示す数値です。数値が高い酒は旨みの多い濃厚な味に感じ、低いお酒は淡白な味に感じます。

如何でしたか? いろんな項目により実際に
味に付いて感じるには個人差が大きくラベルは、あくまでも目安にお酒を選んで下さい。
お酒を呑みながら味とラベルを比較して見るのも楽しいですよ!!

▼Contents
名門酒会マーク ←このマークが付いている商品は、「酒の米子一番」の取扱商品になります。
■ お酒は20歳を過ぎてから。お酒は楽しく適量を。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児/乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
and or
有限会社男山 〒683-0853 鳥取県米子市両三柳58-2 TEL・FAX:0859-32-5003 E-MAIL:info@otokoyama.biz
Copyright (c) OTOKOYAMA All Rights Reserved.