酒天男山 お酒の通販サイト
トップページ ご注文方法・送料 ギフトについて ショップ案内 会社概要 お問い合わせ
商品検索
and or
ヤマト運輸
※酒天男山 お酒の通販サイト
注文フォーム・お問合せフォーム・会員登録フォームは、SSL128bitによる暗号化通信に対応しています。
  お酒選びの目安に、ラベルの見方→

燗酒のすすめ!! 日本酒は燗したり冷やしたりと、さまざまな方法で楽しむことできます。燗は、冬の寒い日など身体をあたためたい時にはぴったりの飲み方です。
日本酒は温めることで一層香りが際立ちます。日本酒独特のほのかでおだやかな香りが広がり、また味が一層豊かになると共に、料理との相性が広くなります。
吟醸酒ブーム以来、日本酒は冷やして楽しむものというイメージが、特に若い世代の間で主流となりつつありますが、この機会に「燗酒」ならではの、変化に富んだ奥深い味の世界を発見されてみては如何でしょうか。

燗に適した日本酒とは
お酒の種類によって飲み頃温度が異なります。純米酒は45度位のぬる燗、本醸造酒や普通酒は50度位の上燗がお薦めです。また、吟醸酒、生貯蔵酒は燗よりも「冷やして」もしくは「常温」がお薦めですが、日本酒は嗜好品なので目安としてお考え下さい。
いろんな名前の燗が有ります
日向燗(ひなたかん) 約30度 上燗(じょうかん) 約45度
人肌燗(ひとはだかん) 約35度 熱燗(あつかん) 約50度
ぬる燗(ぬるかん) 約40度 飛切燗(とびきりかん) 約55度

お酒の酒類と相性の良い温度
  吟醸酒 純米酒 本醸造酒 普通酒 樽酒 生貯蔵酒
冷やして7〜10度
常温約15度
ぬる燗約40度 ×
上燗約45度 - -
熱燗約50度 - - -

湯煎(ゆせん)でおいしい燗酒
おいしい燗をつけるには、湯煎(ゆせん)をおすすめします。湯煎にすると酒全体がゆっくりと温められるため、味を損なうことなく旨味が引き出されます。陶器や磁器の徳利で酒を温め、やや広口の酒盃で飲むと、いっそうおいしく感じられます。身も心も温まる燗酒をぜひ味わってみてください。
湯煎による燗酒
大き目の鍋に水を入れて沸騰させ、いったん火から下ろします。酒を注いだ徳利をその中に浸け、温度計で測りながら酒を温め、好みの温度になるまで待ちます。直火にかけられるポットを使えば、小さめの徳利でも簡易に燗がつけられます。徳利ごと温めるため酒が冷めにくく、温度を長く保つことができます。
酒の燗は、熱くしすぎないことがポイントです。おいしい燗ができる温度として45度ほどの「上燗」(じょうかん)をおすすめします。吟醸酒や古酒(長期熟成酒)を温める場合は、人肌燗(35度)、ぬる燗(40度)をおすすめします。
電子レンジでおいしい燗酒
電子レンジではマイクロ波で温められたお酒が徳利内を対流することで全体が温まりますから、胴の細い徳利よりもやや太い徳利の方が適しています。レンジの大きさによって、数本の徳利を一度に温めることができますが、その場合1本の徳利にかかる時間に単純に比例しませんから気をつける必要があります。
また、お酒の量は徳利の首部分よりも少し下にして、徳利の上から1/3〜1/2をアルミホイルで覆うことで、お酒が対流してお酒の上部だけが熱くなることがなく、均一に燗ができます。但し機種によってはホイルが使用できない場合もありますので、「取扱説明書」で確認の上ご使用下さい。またアルミホイルが電子レンジの内壁に触れると火花が出ることがありますので、ホイルの端を徳利に密着させる注意が必要です。
瓶ごと美味しい燗酒
最近では、少量サイズの瓶入りやワンカップ酒を購入される方も大変多くなっています。300mlや180mlの飲みきりサイズの小瓶なら、そのままドボンとお湯につければ楽々お燗。ポットのお湯95℃に1分半もつければ、飲み頃の温度に仕上がります。
かさばらないサイズだから、アウト・ドアでお燗を楽しむのにもうってつけ。キャンプで炭火焼きのお供にいかがでしょう
体に心に優しい燗酒
お燗はからだにやさしい飲み方です。冷酒はアルコールの吸収が遅く、途中で急激に酔いがまわります。酔ってない、酔ってない、と油断していると、急激に酔いがまわって驚いたこともあるのでは。
一方、お燗酒はアルコールの吸収が早く、飲んだら飲んだ分だけ酔いがまわります。つまり、酔いの度合いを自分でチェックでき、飲み過ぎ防止の効用もあるということ。だから、からだに負担をかけません。
燗酒で体が温まることによって内臓の働きを助け、気持ちを落ち着かせてくれます。さらに、酒を温めるという少々の手間をかけることにより、もてなす人の心遣いが伝わってきます。
お燗酒は口当たりも滑らかに、一杯、一杯また一杯と盃をかさねるごとに、柔らかに、ゆるやかに、ゆったりと酔いを身体にめぐらせ、凍えた身も心も優しく溶きほぐしてくれるのです。
食欲増大の燗酒
温かい料理には燗酒、冷たい料理には冷酒を合わせ、温度差の違和感を感じさせないことが好まれるようです。
そのことから、燗酒には“温かい料理”がよく合います。
●鍋物(おでん、湯豆腐など)
●煮物(筑前煮、肉豆腐など)
●焼物(焼きナス、焼き鳥など)
●蒸物(茶碗蒸し、土瓶蒸しなど)
また、燗酒はその最大の特長として、生臭さを抑える働きが強いことから、「魚料理」にもよく合います。
●刺身(まぐろ、白身、貝など)
●魚卵(ウニ、イクラなど)
●焼物(サンマ、一夜干しなど)
●煮魚(鯛のアラ、いわし煮付など)
●珍味(塩辛、酒盗、このわたなど)
さらに、いわゆる乾き物よりは「汁けの多いもの」がよく合い、サラダよりも「おひたし」がよく合います

今回のまとめです
いくら飲み頃の温度に燗をしても、盃に注がれたお酒をすぐ飲まずそのままにしておくと、すっかり冷めてしまって、せっかくの燗が台無しになってしまいます。もちろん徳利のお酒についても同じことがいえます。だからといって、熱過ぎる燗酒を「すぐに冷めてちょうど良くなるだろう」と思って出すのは間違った考えです。
ただし適温に燗をした徳利のお酒は、厳密には一度に飲みきってしまわない限り、同じ温度で飲み続けることはできません。
すなわち「燗」に限らず、提供する側の心得として最初の一杯を最適温度、つまり「飲み頃温度」にすることが最も肝心なことです。

▼Contents
名門酒会マーク ←このマークが付いている商品は、「酒の米子一番」の取扱商品になります。
■ お酒は20歳を過ぎてから。お酒は楽しく適量を。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児/乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
and or
有限会社男山 〒683-0853 鳥取県米子市両三柳58-2 TEL・FAX:0859-32-5003 E-MAIL:info@otokoyama.biz
Copyright (c) OTOKOYAMA All Rights Reserved.